虫に関するさまざまなトラブルを解決するために立ち上げたサイト

虫のトラブル解決CLUB

賃貸マンション

家の虫対策

賃貸マンションで虫が発生した時の行動マニュアル

更新日:

賃貸アパートやマンションなどに住んでいると、様々なトラブルが発生することがあります。中でも害虫に関するトラブルは、遭遇したくはないですが避けて通ることはできないトラブルでもあります。

害虫駆除の費用は大家さん・管理会社に請求できる?

意外と多い?マンションの害虫被害

一戸建てに比べるとマンションは害虫が入りにくいと思われがちですが、ゴキブリなどは暖かい場所を好むため、マンションの給排水設備やガス配管設備付近で発生しやすくなります。そして繁殖力が強いため、あっという間に数を増やしてしまうのです。

害虫駆除の費用は請求できる?

家主は賃借人に対し、平穏安全に住める状態で賃貸目的物を提供する義務があります。害虫被害があまりにもひどく賃借人に責任がない場合は駆除費用を請求できる可能性があります。ただし平穏安全に住める状態という基準は明確ではないため、実際は泣き寝入りせざるを得ないというのが現状のようです。

また住むことができないほど害虫が発生し、引っ越しもやむを得ない場合であれば、場合によっては債務不履行による損害賠償請求として引っ越し代の請求くらいであればできるかもしれません。

入居を決める前に大家さん、もしくは管理会社に確認しておきましょう。

網戸の交換費用は請求できる?

網戸が破れていた場合

網戸が破れているとそこから虫が入ってきてしまい、害虫被害に悩まされることになります。

気づいたら網戸が破れていたという場合、速やかに大家さん、もしくは管理会社に連絡を入れましょう。賃貸借契約書では、建物に不具合が生じた場合、大家さんもしくは管理会社指定の修理業者で修理をすることが定められていることがあります。

多くの場合、大家さん負担で修理業者を手配して費用も負担してくれますが、地域や大家さんの考え方によって変わりますので、入居前の確認を怠らないようにしましょう。

網戸を破いてしまった場合

過失によって網戸を破いてしまった場合、借主が費用を負担しなくてはなりません。指定業者で修理すると決められている場合は、自分で業者を手配せずに大家さんもしくは管理会社に連絡しましょう。自己負担だからと勝手に対応してしまうと、のちに思わぬトラブルの原因となってしまいます。

賃貸住居の虫トラブルで大切なこと

害虫の出やすい賃貸とは

賃貸物件の中でも害虫が出やすいのは木造アパートです。木造アパートは湿気が溜まりやすくゴキブリにとって住みやすい環境となってしまうからです。

また賃貸物件には1階が飲食店になっていることが多いのですが、飲食店はゴキブリなどの害虫が発生しやすく、同じマンション内に被害が広がりやすくなります。また自分の家の両隣や上下階などが空き部屋になっている場合も、害虫が大量発生していることがあり、その場合も水道管などをつたって自分の部屋に出没することがあります。

逆に害虫は高層階や築年数の浅い物件ほど出没が少なくなります。

借りる前に確認すること

検討しているマンションだけでなく、周囲の住環境がどうなっているかを確認することも大切です。公園や河、畑など自然の多い場所は環境が良いのですが、その分害虫の出没も多くなります。

また借りる部屋の近くにゴミ屋敷や汚部屋がないかどうかも確認してみましょう。ベランダにたくさんのゴミが放置している場合は汚部屋になっていることが多く、そこからたくさんの害虫が発生している可能性があるため避けた方がよいかもしれません。

集合ポストやゴミ収集所など共用部分の掃除が行き届いていない場合も、害虫が湧きやすくなります。

まとめ

賃貸マンションで虫が発生したときについてまとめてみました。

どんなトラブルもそうですが、たとえ面倒でも入居前にしっかりと契約事項を確認しておくことで、後々のトラブルを最小限に済ませることができます。しまいっぱなしになっている契約書にもう一度目を通して、いざというときに慌てないようにしましょう。

-家の虫対策
-, ,

Copyright© 虫のトラブル解決CLUB , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.